馬見塚デンタルクリニック

ホーム > PMTC Q&A > 予防治療の正しい知識 > スポーツとお口の健康 2
PMTC Q&A

スポーツとお口の健康 2

前回のブログでは、

「スポーツ愛好家やアスリートは、こまめなスポーツドリンクの摂取を行うため、持続的にお口の中の細菌に糖分を与え続ける事になってしまうので、虫歯や歯周病のリスクが高くなっていると言われている。」という話題でしたね。

2007年にアメリカ カリフォルニア州 歯科衛生士会からのプレス発表である「週末のスポーツジム熱狂者やアスリートへの忠告」というもの中に、

・ジョギングやトレーニングなどには水や氷を携行し、スポーツドリンクを摂取した後に口に含むことが推奨されています。
これはドライマウスの防止にも有効であり、

特に持久系のトレーニングでは、口で呼吸する事が多くなります。
そのために、口の中が乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥するという事も、虫歯や歯周病にとっては良くないという事でしたね。

健康の為に行っているスポーツが、お口の健康にとってはあまり良くない事があるのは残念ですね。

水分補給の仕方も工夫が必要ですね。

それに加え、この発表では、

・キシリトール入りのガムなどをトレーニングと食事の間に噛んで歯の再石灰化を促進する

事を勧めています。

これは、歯の表面が酸性の環境になってしまって、脱灰されてしまっているのをキシリトールの摂取によって再石灰化を促進しようとする為であるのと同時に、ガムをかむ事で唾液分泌を促進する事が狙いですね。

参考にしてみて下さい。

それと、定期的なPMTCは大切です。

キシリトール入りのガムなどをトレーニングと食事の間に噛んで歯の再石灰化を促進する

Q&Aトップヘ
カテゴリ一覧
月別記事一覧
最新記事一覧
ぺージの先頭へ