馬見塚デンタルクリニック

ホーム > PMTC Q&A > PMTC > 毎日歯ブラシを使って歯磨きをしているのに、虫歯になるのはどうして?
PMTC Q&A

毎日歯ブラシを使って歯磨きをしているのに、虫歯になるのはどうして?

 以前にも同じような質問があったと思いますが、毎日、歯ブラシで歯磨きをしていたのに、また虫歯ができてしまった・・・そんな経験をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
虫歯になりやすいのは遺伝だからしょうがない?とあきらめてしまっている方もいらっしゃいますよね。

毎日歯ブラシで歯磨きをしているのに、虫歯になるのはしょうがないのでしょうか?

s-haburashi.jpg
 歯ブラシは最も一般的な清掃用具です。
多くの皆さんが、歯ブラシを使って毎日は磨きをしていますね。

歯ブラシは、歯の表面の平らな面などの磨きやすいところのプラーク(歯垢)はよく落とせます。
しかし、歯ブラシだけでは、どうしても磨き残しがでてきてしまいます。

特に歯と歯の間や、歯の咬む面の溝や、歯並びが悪くて、くぼんでいたり、でこぼこしている部分というのは、歯ブラシの毛先が届きにくく、磨き残しの出やすいところで、虫歯や歯周病になる危険性が高いのです。
 
残念ですが、実は、皆さんが普段歯ブラシで磨きやすいところは虫歯や歯周病になりにくく、磨きにくいな、面倒だなと思われているところが虫歯や歯周病になりやすい所なのです。

そして、実際に私たちが皆さんに対して歯磨き指導をさせていただいていて思うことなのですが、
皆さんの歯ブラシの多くが
「磨いてはいる」だけど「磨けていない」ということが多いのです。
労多くして功少なしな状態なんです。

どうせやるなら、やった事に満足するのではなく、やった結果に満足できるようにする事が大切ですよね。

効果的なブラッシングをおこなうためには、歯科医院で歯科衛生士からご自身にあった歯ブラシや、その他補助器具を選んでもらい、指導を受けることが大切です。

それでも、日々のブラッシングで不十分なところというものはあるのですから、それを補うために、PMTCはとても効果的です。

Q&Aトップヘ
カテゴリ一覧
月別記事一覧
最新記事一覧
ぺージの先頭へ