馬見塚デンタルクリニック

ホーム > インプラントブログ > 体の病気とインプラント治療一覧
馬見塚デンタルクリニックの考え方

「歯周病でも、治療を受けていれば大丈夫ですか?」

それでは、今回の質問です。
「歯周病があったとしても、歯周病の治療をちゃんと受けておけば安心ですよね?」

基本的には、そうだといえます。
しかしある程度進行してしまった歯周病の場合、たとえ歯周病の治療をちゃんと受けたとしても、歯周病で失った骨を元あった状態に戻すことはかなり難しいのです。
この場合現段階では、基本的には現状を維持し、歯周病の進行を抑制することが、歯周病の治療のゴールとなります。
その為、今すぐには抜くほどではないにしても、ある程度歯周病が進行してしまい、その歯を支える骨が減っているような場合は、治療方針の決定が一番難しい状態といえます。
状態の悪い歯は、たとえ歯周病の治療を受け、状態が安定したとしても、その状態を維持してゆくことが難しい場合も多いのです。

インプラント治療に関してはこちらもご覧になってみて下さい。

糖尿病とインプラント治療

本日18:00~のNHKのテレビ番組で、糖尿病と歯周病に関する報道がありました。

6月5日のブログでも取り上げたように、糖尿病と歯周病の関連については最近かなり注目されるようになってきています。

2008年には糖尿病学会による糖尿病治療ガイドの中の糖尿病の慢性合併症の5に歯周病が正式に掲載されるようにもなりました。


実施には私が学生の頃ですら、糖尿病患者の人は歯周病が進行しやすいということ、そしてそのメカニズムについても、教育を受けていたのです。

実際に、臨床上も歯周病にかかっている人で特に重度の方に糖尿病方は多く、それ以外の根の病気等の治療に際しても、糖尿病のコントロールが悪いと、歯の病気も治りにくいことが多いのです。

では、本題です。
糖尿病がある方の場合、まずもし残っている歯があるとすれば、その歯の治療、特に歯周病の治療を徹底し、うまくコントロールしておく必要があります。
そして、もちろん糖尿病をちゃんとコントロールしてもらい、受診されている糖尿病専門医あるいは内科医と連絡を取り、了解が得られた上でインプラント治療に入ることが大切です。

これを無視して万が一にも糖尿病のコントロールの悪い方にインプラント手術を行うと、術後の感染が起こってしまったり、入れたインプラントがすぐにダメになってしまうこともあり得ます。

当院では、糖尿病の専門医の先生からの紹介患者さんも多く、比較的長期にわたって病身連携をとりながら、歯科治療をしていますので、何かございましたらお問い合わせください。

PMTCブログでもお話ししましたが、今回の番組でも取り上げられていたように、

糖尿病のあるなしにかかわらず、歯周病のコントロールで、一番大切なことは、プラークコントロールの徹底です。歯科医院で、教育を受けた歯科衛生士に歯ブラシ指導を受けることが、大切です。

当院には、多数の経験豊富な歯科衛生士が在籍し、多くの患者さんの歯周病のケアを専門的に行っております。

そして、その補助的役割として、この番組でも取り上げられたPMTCは歯周病治療のコントロール、メインテナンス、インプラント治療において大変有用なものです。
また、歯科治療と糖尿病については、こちらとこちらもご覧になってみて下さい。

ぺージの先頭へ