馬見塚デンタルクリニック

ホーム > インプラントブログ > インプラント治療の実際・期間一覧
馬見塚デンタルクリニックの考え方

人工的に骨を作る手術方法「 GBR 」とはどんな方法ですか?

2010年1月17日に、第13回健康歯考講座を開催させて頂くことになりました。

今回の講座では、「PMTC」についてのお話をさせていただきます。
PMTCは、皆様にとって安心してお受け頂ける虫歯、歯周病の予防に最も効果があるケアです。
実際に当院には毎月300名前後の方がPMTCを受けに通っていただいており、多くの方が継続されています。


この機会に、
なぜ、こんなにも多くの方が、PMTCを受けているのか?
なぜ、当院の予防プログラムを受けた子供たちは永久歯に虫歯がないのか?
PMTCは、本当に効果があるのか?
その歴史的背景
当院の実績
PMTCってどんなものなのか?
なぜ、当院はPMTCを取り入れているのか?
PMTCはなぜ虫歯や歯周病を予防することができるのか?

等、PMTCについて理解をふかめて頂き、PMTCをより身近なものにしていただければと思っております。

皆様に少しでも役に立つ情報を提供させて頂こうと思っております。

皆様のふるっての参加をお待ちしています。
ご興味のある方は、こちらをご覧になってみて下さい。

さて、本題です。人工的に骨を作るGBRとはどのような手術方法ですか?

「 GBR 」とは比較的小さなくぼみのように骨がなくなっている部分に対して行われる骨再生法です。特殊な膜( シートのようなものでゴアテックス製 )をくぼみの部分に覆うように骨の上に置き、その上に歯肉を戻してくぼみの空間を維持させそこに骨が出来上がるのを待つ方法です。

比較的簡単な方法ですが、欠点としてはその膜を確実に歯肉で覆わなければならず場合によっては膜が露出して感染をおこしてしまうことがあります。また、膜には二種類あり一つは吸収性の膜で手術は一回で済みますがこのもの自体が吸収されるということが身体に対して全く無害なのかどうかが問題なのではと思います。もちろんメーカーは無害であると言っておりますし認可も受けているのではありますが・・・・・。
また、もう一つのものは非吸収性の膜でこちらは吸収されないためにくぼみの空間に骨ができた後膜を取り出す手術が必要となります。

どのような治療方法にも利点、・欠点がありますよね。欠点のないものは歯科の世界では予防しかないのではないでしょうか?それぞれの治療方法を( 利点・欠点を含め )よく理解することが大切ですよね。ご不明な点やご質問がありましたらいつでもスタッフへお声かけください。

インプラント治療に関してはこちらもご覧になってみて下さい。

骨の量が少なくても人工的に骨を作ることでインプラント手術ができる方法とはどのようなものですか?

2010年1月17日に、第13回健康歯考講座を開催させて頂くことになりました。

今回の講座では、「PMTC」についてのお話をさせていただきます。
PMTCは、皆様にとって安心してお受け頂ける虫歯、歯周病の予防に最も効果があるケアです。

この機会に、
PMTCは、本当に効果があるのか?
その歴史的背景
当院の実績
PMTCってどんなものなのか?
なぜ、当院はPMTCを取り入れているのか?
PMTCはなぜ虫歯や歯周病を予防することができるのか?

等、PMTCについて理解をふかめて頂き、PMTCをより身近なものにしていただければと思っております。

皆様に少しでも役に立つ情報を提供させて頂こうと思っております。

皆様のふるっての参加をお待ちしています。
ご興味のある方は、こちらをご覧になってみて下さい。

さて、本題です。
「骨の量が十分でなくインプラントの手術ができない人でも、人工的に骨をつくることで手術を可能にする方法はあるのでしょうか?」

インプラント治療を行う上で重要なのはインプラント体を埋め込む部分に必要十分な骨が存在することです。しかし、患者さんがインプラント治療を希望してもその部分に十分な骨が存在しないということがあります。このようなとき本来ならインプラント治療を断念せざるを得なかったものが、そこに人工的に骨をつくることで治療が可能になる場合があります。

現在、広く用いられている方法として GBR ・ 骨移植 ・ ソケットリフト ・ リッジェクスパンジョン等があります。これらの治療方法については次回より詳しくご紹介いたします。

インプラント治療に関してはこちらもご覧になってみて下さい。

歯周病があるとインプラント治療だけではなく、ブリッジの治療を受ける場合にも影響がありますか?  


「インプラント治療を受ける場合には、手術前に歯周病の治療を受けることが大切だとよく言われますが、歯周病がある場合、そのことは、インプラント治療だけではなくブリッジの治療を受ける場合でも影響がありますか?」
解答>
はい。その通りです。
歯周病がある場合は、基本的にその治療を受けた上でブリッジを入れることが大切です。
ブリッジを入れる必要があるということは、何らかの原因で歯を失ってしまっているからです。
その原因は、虫歯であったり歯周病であったり,あるいは事故とかかもしれません。
原因は何であれ、もしブリッジを入れる歯に歯周病があった場合どうなるでしょう。
歯を失った原因が歯周病であれば尚更ですが、そうでなくとも歯周病を治療せずにブリッジを入れてしまうことは、ブリッジの土台になる歯を歯周病で失う危険が高くなります。
つまり、歯周病を治さずにブリッジを入れるのはブリッジの寿命が短くなる可能性が高いということです。
極端な表現ですが、ブリッジは歯を削り、型を取れば、ほぼどのような状態の歯でもいれることは可能です。
しかし、その土台となる歯が歯周病になっていたら、病気の進行に伴い、土台の歯ごとブリッジが揺れ始め、痛みがでたり、抜けてしまったりすることが十分考えられます。
歯を失った原因にアプローチをし、また必要な治療を行うことでその歯の環境を整え、その後に、失った部分の治療をするということが大原則です。
Palmqvist先生たちが1994年に発表された論文では、ブリッジの土台になる歯に影響を与える要素を調査したところ、ブリッジをいれる時に土台になる歯のまわりの骨が減っている場合は、減っていない場合に比べて、土台になる歯の生存に関するリスクが2.5倍高かったそうです。
残念なことですが、ある程度進行してしまった歯周病の場合は、たとえ歯周病の治療をしたとしても、全ての歯がブリッジの土台としてしっかりと機能する状態になるとはいえないのです。

インプラント治療に関してはこちらもご覧になってみて下さい。

ブリッジの土台の歯が虫歯になってしまうのはどうしてですか?②

前回の続きで、ブリッジの話をします。
前回、ブリッジは、固定されてしまうために咬む力に適応できず、接着剤が破壊される恐れがあり、接着剤が破壊されると、そこから細菌が侵入し、虫歯になる可能性があると話ました。

では、接着剤がすべてそれもいっきに破壊されれば、細菌にさらされる期間も少なくなり、問題も少ないのではないか?と思われるかもしれません。ブリッジが単に外れるだけなわけですから。。。
ところが、思っているほど上手くいかないもので、ほとんどの場合、ブリッジの一部で破壊がおこり、残りの歯はしっかりとくっついてしまっているのです。
この状態が問題なのです。患者さんとしてみると外れないのでそのまま使えてしまう。
しかし、実際には、何本かの歯の接着剤は外れているわけで、その外れた歯とブリッジの被せ物の隙間は格好の細菌の"すみか"となってしまうので、皆さんがいくら歯磨きしても、着々と虫歯は進行してしまいます。
時にはブリッジが外れてみると、あるいははずしてみると、土台になる歯の虫歯がものすごく進行していて、抜かなくてはならない状態になっていたということもあります。
十分な注意が必要ですね。

そして、お恥ずかしい話なのですが、一部が外れた状態では、患者さん御自身は、何かブリッジが緩んだような感じがしても、私たち歯科医師には、外れているという診断ができないことがああります。
そして、たとえレントゲンを撮影しても、外れているかどうかの診断ができるとは限りません。
もちろん患者さん御自身でも分からないことが多々あります。

このように、ブリッジでつながれている歯の一部が外れてしまうと 、その診断も難しい場合があり、引き起こされる結果も良くないことがあります。
これは、ブリッジの欠点の一つですね。

ブリッジに関するQ&Aはこちらもご覧になってみて下さい。

インプラント治療に関してはこちらもご覧になってみて下さい。

当院では、このブログの他に、PMTCに関するブログ歯科全般にかかわるブログ、そして当院を知って頂く為のブログを開設しております。よろしかったらそちらもご覧になってみた下さい。
また、当院のHPもご覧になってみて下さい。

ブリッジの土台の歯が虫歯になってしまうのはどうしてですか?

インプラントブログというブログにもかかわらず、ブリッジ治療に関する話題が続いています。
本来、インプラント治療は、歯を喪失したときに、その喪失した歯を補う方法のひとつです。
その他に喪失した歯を補う方法には、ブリッジと入れ歯があります。
それぞれの治療方法には利点・欠点があり、それは単に医学的な面だけでなく、様々な要因を考慮しなくてはなりません。
言い換えれば、利点・欠点は患者さん個人でそれは変わります。
ですから、インプラント治療に関する事とは、歯を失った方に関することとなるわけです。
その為、このブログでは、インプラント治療を中心に歯を失った方が、治療を選択する上で参考になるようなものにしていきたいと思い、インプラント以外の治療法についても触れていこうと思っています。
では、またブリッジの話をしようと思います。


ブリッジをしたのに、外さなければいけなくなったり、外れてしまう場合があります。

ブリッジは、失った歯の周囲の歯を土台にする為、土台になる歯は、病気(虫歯)である、健康であるに関わらず、その歯を削り、その歯を土台にしてつなげ、固定する方法です。
つまり、土台の歯に問題が生じた場合にブリッジを外さなければいけなくなったり、外れたりするわけです。


その理由の一つに、虫歯があります。

残念ながらブリッジの土台の歯は、虫歯になりやすくなります。

その主な理由には、

1.磨きにくくなること。

2.接着剤が破壊され、そこに細菌が侵入しやすくなること。

の2つがあります。


ブリッジを装着すると、歯ブラシだけでは清掃がしにくくなります。
そのブリッジに適した清掃用具を用いて、日々清掃することが必要となります。
ですから、ブリッジを装着した際にその歯科医院で指導してもらうことで虫歯のリスクを減らすことが必要です。

天然の歯は、少しですが自由に動くことができます。その為、上と下の歯を咬み合わせるとそれぞれの歯は、上手く順応することができるのです。
ところがブリッジでは、土台になる歯同士を固定してしまうため、上手く順応することができません。
咬む力を加えると、ブリッジを外そうという力となり、徐々にではありますが、ブリッジを固定している接着剤が破壊され外れてしまうことになりす。
接着剤が破壊されなくなった隙間には、細菌が侵入しやすくなり、そこから、虫歯が始まる危険が高くなります。


このようなことが原因で、ブリッジを装着した場合、土台の歯は、虫歯になりやすくなります。
ですから、歯科での定期検診を必ず行うようにしましょう。

ブリッジに関するQ&Aはこちらもご覧になってみて下さい。

インプラント治療に関してはこちらもご覧になってみて下さい。

当院では、このブログの他に、PMTCに関するブログ歯科全般にかかわるブログ、そして当院を知って頂く為のブログを開設しております。よろしかったらそちらもご覧になってみた下さい。
また、当院のHPもご覧になってみて下さい。

インプラントを埋める予定の隣の歯の状態があまり良くないのですが、やはり抜いて今回一緒にインプラント治療をしたほうが良いのでしょうか?

歯を失った場合に、条件さえ整えば、そこの場所にインプラント体を埋込することは可能です。
だからと言って、そこにインプラント体をただ単に入れて終わりというわけには、いかないことがあります。
たとえば、インプラント体を入れる予定の場所に隣り合うご自身の歯が、まだ抜くほど悪い状態ではないが将来に問題が起こる可能性があると考えられる場合、簡単に表現すると、今は抜くほどでもないが、いずれ抜かなくてはならなくなるであろう歯がある場合に、その歯をどうするかが問題になります。
インプラント治療を受ける時点では、あえてその歯は抜かずに、隣り合う場所にのみインプラントをしても、数年後にその歯の状態が悪化したら、結果的に抜くようになります。
これが、患者さんも歯科医師も事前に認識できていて、それでも、あえて抜かずにインプラント治療をおこなわなかったのなら、良いのですが、そうでない場合は、問題ですね。
現実に、最近のスウェーデンでは、インプラントに問題はおこっていないが、そのインプラントに隣り合っている歯が先にだめになってしまうという問題が起きているという報告があります。
アメリカからの報告では、もっと極端で、こうなるくらいなら、なぜ、事前にダメになるとわかっていた歯を抜いて、同時にインプラントにしなかったのかということで、訴訟となることも多いようです。

しかし、アメリカの例は、合理的と言えば、合理的ですが、あまりにも極端に思えてしまうのは私だけなのでしょうか?
それを受け、日本でも、今現在は問題があまりない歯を、将来ダメになるから、そしてインプラントの方が持つからという理屈で、先に歯を抜いてインプラントを埋め込むことが最先端の治療だ、あるいは患者のための治療だと明言されている現状もあるようです。
本当にそうでしょうか?
このようなケースは、ケースバイケースで、一概にどれが良いかの判断はできないと思います。確かに、将来問題が起こる可能性がある歯を抜かずに残すことで、多くの場合、メインテナンスケアが大変になったり、その歯の保存の為に通院する回数や頻度が増えたりすることもありえます。結果的には、暫くして、抜いてみたらその方が患者さんとしても楽だったということもありえます。
逆になんとか頑張ってみたら、その時点で想像していたよりもその歯が長く持ったということもあるのです。
私たちは、患者さんと、また患者さんは歯科医療従事者と自分のお口の状態をそのような状態で維持し、どうやってともに時間を過ごしていくかを決めていくことが大切ですね。
大切なのは、一人ひとりのQOLに対する価値観の問題になってくると思いますので、やはり担当の歯科医師と十分に話し合うことが大切です。

信頼関係の構築を最優先することが大切です。

(馬見塚賢一郎)

インプラントに関しては、こちらもご覧になってみてください。

ぺージの先頭へ