馬見塚デンタルクリニック

ホーム > インプラントブログ > インプラント治療 Q&A > 自分に合ったインプラント治療と医者選びのチェックポイントとは?
馬見塚デンタルクリニックの考え方

自分に合ったインプラント治療と医者選びのチェックポイントとは?

インプラント治療の方法にも様々なものがある事はわかるのですが、素人の私達には十分に理解することはなかなか難しいです。
そのような中で、自分に合ったインプラント治療と医者選びのチェックポイントとは?

まずは、担当医と十分に話し合うこと、あるいは話し合える環境があることが大切です。
インフォームドコンセントとよく言われていますね。
日本語では説明と同意というふうに理解されることが多いようですが、同意するには、理解が必要であり、理解するにはわかりやすい説明が必要です。

そして、ひとつの指標ですが、ご自身が十分理解できるまで説明してくれることが歯科医院選びでは大切になります。
しかし、現実問題として医院側も様々な理由で、患者さんに対して十分な説明をする時間が取れない事もあり、可能な限り効率よく、話し合えるようにすることが大切かもしれません。

そして、説明の中で、私たちも時々困惑する事があるのですが、患者さん側が、ご自身に都合の良いことだけを理解してしまって、それで納得されてしまう事がある場合があります。
これは、もちろん医療者側の説明が不十分なこともあると思うのですが、場合によっては、患者さん側が強い固定観念を持ってしまっていたり、全てを理解したつもりになってしまう事もあるようです。
やはり、よく話し合い、お互いが理解できることが大切だと思います。
このブログでも何度も出てきたことですが、どのような治療法であっても、利点だけではなく、欠点、あるいはリスクはあるものです。
言いかえれば、欠点のない治療法はありません。
ですから、利点だけに惑わされずに、その欠点も十分に理解できた上で医院、あるいは治療法を選択されることが大切ですね。

現在では、インプラント治療は、きちんと治療が行われれば安全で比較的長期にわたりほぼ自分の歯と同じように使えるものになっています。
しかし、インプラント治療が必要だということは、一度、何らかの理由で歯を失っているということになります(ごく稀に先天的に歯がないという事もありこれは例外です)。

何よりもまず、歯を失った原因をきちんと究明し、それを解消することが大切となります。それが不十分だと、たとえインプラント治療を受けたとしても、また今度はそのインプラント自体を失うことになりかねません。
そして、術前のX線やCT等の画像診断などの検査を入念に行い、正確な治療計画を立て、患者さんが十分に納得した上で、治療が始まるべきだと考えています。

ぺージの先頭へ