馬見塚デンタルクリニック

ホーム > インプラントブログ > インプラント治療とブリッジ、入れ歯のちがい > 「入れ歯の欠点の一つである装着時の違和感があるというのは、結果としてどのようなことを引き起こすのですか?」
馬見塚デンタルクリニックの考え方

「入れ歯の欠点の一つである装着時の違和感があるというのは、結果としてどのようなことを引き起こすのですか?」

「入れ歯の欠点の一つである装着時の違和感があるというのは、結果としてどのようなことを引き起こすのですか?」

まず、入れたばかりの時は、この違和感がいやで入れなくなってしまうことがよく起こります。

ある調査では、製作した208個の部分入れ歯を8年間追跡調査したところ、58%は使用されていたが、残り42%は使用されていなかったそうです。
半分近くの方が使用していないことになります。
そして、使用しなくなった理由については、使いたくないというものが殆どだったそうです。

実際に、私たちの歯科医院でも、患者さんが初めて入れ歯になる場合、残念ながらその殆どの方が、違和感を訴えられます。
もちろん私たちの技術で可能な限り違和感を少なくしなければいけませんし、その為に入れ歯の専門医も当院にはおります。
 しかし、たとえ専門医が保険の制約を超え、最善の方法をとって入れ歯を作ったとしても、入れ歯の大きさの大小や、部位にかかわらず、装着感では、ブリッジやインプラントよりも圧倒的に劣ってしまうのは、仕方がないことなのかもしれません。

しかし、この違和感というものは、ほとんどの場合なくなります。
入れ歯をいれたばかりの時は、特に違和感を感じやすいものです。違和感をあきらめて入れなくなる前に歯科医院で相談してみましょう。
入れ歯を入れられなくなると、残っている歯に様々な障害が生じます。
その為、どうしても入れ歯が入れらない場合は、そのまま放置せずにインプラント治療やブリッジの治療を考えられたほうがよいと思います。


インプラント治療に関してはこちらもご覧になってみて下さい。

ぺージの先頭へ