馬見塚デンタルクリニック

ホーム > インプラントブログ > インプラント治療 Q&A > 骨移植はすべきでしょうか?
馬見塚デンタルクリニックの考え方

骨移植はすべきでしょうか?

「インプラントをするために、骨移植をすすめられました。骨移植をしてまでも、インプラントをするべきでしょうか?」

私としては、骨造成(骨移植)をしないですむものなら、他の方法を選択できないかどうかを慎重に検討する事が大切と考えます。
ある歯科大学のインプラントシンポジウムのコンセンサスでは、


骨造成の目的は、インプラント埋入手術時に既存骨だけではリスクの高い症例に対してリスクを軽減するためのものであり、長期的に骨量を維持することを目的とした骨造成術の長期的な予後には疑問が残る。

インプラント前手術として行われる骨移植術において、移植された骨は経時的に減少する。この骨吸収は移植後から始まり、同部にインプラント治療を施した後の咬合力の機能下にても継続する。


とあります。
つまり、現時点でも可能な限り骨造成に頼らない方法をとる方が成功率は高い可能性がありますが、骨造成がすべて問題をおこすわけでは決してありません。


インプラント治療に関してはこちらもご覧になってみて下さい。

ぺージの先頭へ