馬見塚デンタルクリニック

ホーム > インプラントブログ > インプラント治療 Q&A > インプラント治療とは > 即時加重(荷重)インプラントとは、どのようなものなのでしょうか?
馬見塚デンタルクリニックの考え方

即時加重(荷重)インプラントとは、どのようなものなのでしょうか?

即時インプラント、あるいは即時加重(荷重)インプラントと呼ばれるものは、手術をした日にすぐに咬めるようになるインプラントの総称です。
従来は、一回目の手術から、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月程度の治癒期間をおき、その後に2回目の手術を行います。
そして、型どり等を行った上で人工の歯を作っていくため、一回目の手術から咬めるようになるまでに一定の期間を要していました。
この期間は、入れ歯や、仮歯を使用するため歯を失った本数や場所、そして状態によっては、不便を感じることもあるわけです。
そのような、不便さを可能な限りなくすために新しい試みとして普及し始めたものが、即時加重型インプラントというものです。
インプラント治療に関してはこちらもご覧になってみて下さい。

ぺージの先頭へ