馬見塚デンタルクリニック

ホーム > インプラント治療について > 患者さんの声
インプラント治療について

患者さんの声

Aさん(80代男性)

全然、前と違いますね。噛み心地が良くて美味しいものが食べられるということです。 脱着の入れ歯ですから、噛むとそれがずれるという感覚はありましたけど、インプラントの場合はそういう事がないという事ですね。インプラント入れてからは硬い物でも何でも気にせずに食べてます。


Bさん(50代男性)

自分で意識してこちら側では噛まないようにしてますね。やっぱり、何かかばってるような感じはしますよね。だから、こっち側が悪くなっちゃたんでしょうかね。 インプラントが入ってからはすごく良くなってると思います。前は、結局クラウンをブリッジみたいな形でやってたわけですけども、それが15~6年もって、もう十分だなと思ったのと、あと、新しい技術で治療したいっていうのがありましたから。 オペの時はぎょうぎょうしいですよね、びっくりしました。でも、そういう施設なんだろうからしょうがないと思うし。ただ、過度にやると、年齢層の高い人はびっくりするんじゃないんだろうかな。オペ室を清潔にしなければならないというのはもちろん凄く分かりますし、あとやっぱり骨にドリルでガ?っとやるじゃないですか。そのあの音とかね、凄いものがありますよね。「あーやられてるなぁ」と思う(笑) ただ、最も進んだ技術だって思ってるから、それを自分に施す事については、なんていうんでしょうか、まぁ、昔の技術に頼るよりは、この先少しでも快適にって思うわけですよ。

3本まとまってですからね、難しいですよね。クラウンで支えたり、歯の根も無いわけですし、結局こういうネジを入れるしかないわけなんですけどもしょうがないですし、まぁ、一番良い選択だったんだろうと思ってますけどね。そういう風に思いたいです(笑)

あとやっぱり、一番不安だったのは、僕は、骨がちゃんとなじむかっていうか、それと、あと自分の骨がちゃんと足りるのかどうか。そこが分からないじゃないですか、正直言って。そんなに僕は骨の質が良いとは思ってないから、自分でも。だからどうなのかなって、その時ありましたけど、まあ、今は上手くなじんで頂いているっていうところで良かったのかなって。 あと、定期的に来るようになるじゃないですか。少なくとも快適でも半年や1年に1回チェックしなくてはいけない。まあ、それで関心度が高まっていけば、自分の歯の健康だとかいう事については意識が高くなりますよね。なかなか普段何とも無いととおのいてしまいますから。

でも、最近は多いでしょ?あと年齢層が高い方が、インプラントじゃないと対処しきれなくなってきてるんじゃないですか?麻酔の先生がいる事が、分かっているものの、やっぱり、「オーッ!」て当日は思いますね。先生からはサラッと説明受けただけだけど、凄いあれかなって思ってたんだけど、案の定、やっぱり麻酔して。なかなか当日は、やっぱり休むくらいのゆっくり時間とれる時の方が良いですよね。麻酔があったから手術を耐えられるもので、そうじゃなかったら“グィーン、グィーン!”っていうのを、もし麻酔とか無しでやってたらあれはたまらないだろう…っと思いました。音が凄いですから。

全部自分に聞こえてますよね。手術中に話してる内容も覚えてます。それは分かりましたね。怖さはありました。麻酔は絶対あった方が良いです!僕は麻酔のサイド・エフェクトという事よりもやっぱり痛みを取って患者の痛みを軽減するってのが一番だし、あと少し意識を分からなくする位のほうが。僕も全く分からなくても良いくらいかなって思いました、音が聞こえない位。ただ、半分(量)でも分かっちゃう。全部やっても良いんだろうなって思うけど、多分、後の事を考えてああいうかたちにしているわけでしょ?麻酔医が判断して。

まあ、僕はそれはそれで良いとは思うけど。全く意識が無い方が気が楽だったなっていう気は、僕はそう思いますよ。覚えて無いくらいの方がいいやって。出血がすごかったのも記憶にあります。帰ってからもそうだし、手術した時のも。凄い出血してるなぁっと思いました。切るじゃないですか。だからしょうがないですよね。痛みとかは鎮痛薬とか頂いてましたし、全く僕は何とも無かったです。 金属入れるっていう事に対して抵抗はやっぱりありますけど。チタンは骨にくっつくんですか?

チタンって加工がでも難しいですよね。チタンって軽くて、丈夫ですよね。時計にすると軽くできるから。


Cさん(60代男性)

はじめはインプラントについての知識は無くてね、しかも手術って聞いて、ちょっと抵抗感はあったんだけれども。歯はね、老後にとっても非常に大事で、食事の楽しみを考えた時には、歯に少々金をかけてもしっかりこの際やっておきたいというかっこうでインプラントをする事に決心をした。

手術そのものは思ったよりも簡単だった。インプラントの問題は手順を一つ一つふんでね、時間かかっても一つ一つ積み上げて、最終的にはいくんだろうと。それをまぁ、馬見塚さんは非常に着実にやってもらったもんで、今実際に本歯が入って、結果としては自分の歯と全く同じ状況で食事も全部とれる。肉も魚も何もかも自分の本当の歯と同じようにおいしく食べられると。これは素晴らしい技術だなという風につくづく感じてます。

歯は本当に大事だと思いますので、少々お金はかかりますけれども是非インプラントをする事を私としてはお勧めしたい。

ぺージの先頭へ