馬見塚デンタルクリニック

ホーム > インプラント治療について > インプラントに関するQ&A
インプラント治療について

インプラント治療に関するQ&A

第1回 インプラント治療の成功率は90%以上というのは本当ですか?

このようなご質問に対し、多くの歯科医院が回答として「インプラント治療の成功率は術後10年で、95%以上とされています。」と答える事が多いのではないかと思います。 これは、ひとつの事実なのですが、十分な回答とはいえないと考えます。結論からいうと、ある一定の条件をクリアした上では、インプラント治療の成功率は術後10年で、95%以上になるといえます。

この回答には裏づけがあります。
その根拠として引用されているのが、Adell 先生達(1990年)の文献で、無歯顎(歯の1本も無い人)へのインプラント治療の応用を語るとき、歴史的な臨床追跡研究とされているものです。
これは同じAdell先生達による1981年の追跡研究の続編といえるものであり、私たち臨床家への示唆に富む論文です。
その結論として、無歯顎に関するインプラント治療は15年間に及ぶ追跡研究により、上下顎を通じて成功率が高く、長期的に予知性の高い治療法であることが唱えられていて、それがよく引用されています。

しかし、これはブローネマルクシステムと呼ばれるインプラントシステムを、定められた条件のもとで、施術された結果を調査されたものなのです。
今となっては、ブローネマルクシステムは40年以上の歴史を持つインプラントシステムとなっていますが、全ての歯科医院がこのシステムを行っているわけではないのです。また、ブローネマルクシステム自体も実際にはこの調査の時に用いたものとまったく同じインプラントシステムではなくなってしまっているのです。
しかし、ブローネマルクシステム以外のシステムでも長期的な臨床結果の発表がされ、高い成功率が示されています。 実際に、色々なシステムで、インプラント体の材質、デザイン、表面の性状について、多く語られ、論議されてきました。全てとは言えないのですが、いくつかのシステムが信頼できるものといえるようになっているのは事実です。結果として世界で多く使用されているインプラントシステムの中には、信頼のおける製品が存在しているといえると思います。

最近では、世界各国の著名な研究者、臨床家からの発表でも、「インプラント体の材質、デザイン、表面の性状については多く語られ、良いシステムが存在している。しかし、歯科医師のトレーニング、技術についてはあまり語られなかったのではないか?」という意見を耳にすることが多くなっています。

私たちがインプラント治療の教育を受けた頃は、確かに歯科医師のトレーニング、技術についてはあまり語られてはいませんでした。それは、その当時、決して「誰が行っても上手くいきますよ」といわれていたわけでなく、その前提には、インプラント治療に携わる以上、それ相応の知識を得、自ら進んで技術の研鑽をするのは当然という考えがあったからだと思うのです。

ところが21世紀を迎え、発表されるインプラント治療に関する情報の殆どが高い成功率を示していたために、最近は残念な事にインプラントシステム開発メーカー自体が、その販売に重きを置いているのか、風潮として、「インプラント治療はそのシステム自体はすでに確立されたものであり、誰がやっても上手くいく」とでもいっているかのように思えるのです。以前ならば、決してそれだけでは十分なトレーニングとはいえないまでも、ある一定の研修を受け、それを修了した者がインプラント治療を始めるのが当たり前であったのですが、今はそれすらなくなってしまっているのです。

その裏側には、「インプラントシステムはいくつかの優れたものが存在しているが、近年それを使う歯科医師の技術に、ばらつきが多く存在してしまっているようである。」ということが示唆されているのではないでしょうか?

つまり、 「インプラント治療の成功率は、90%以上というのは本当ですか?」というご質問に対して我々医療従事者は、「定められた条件を守り、知識、技術のある術者が行った場合、ブローネマルクシステムをはじめとして、いくつかのインプラントシステムが、高い成功率を示す。」と答える必要があるといえます。


第2回 ブリッジ治療の成功率は?

ブリッジの場合、成功率をどう定義づけするかにもよるかもしれませんが、外れないでいるということを生存率とするのならば、10年で70~80%、15年で60~70%という報告がスカンジナビアを中心にされています。この数字だけを比べてしまうとブリッジによる治療は、インプラント治療の成功率よりも劣っているように思え、インプラント治療の方が成功率では優れているようにみえてしまいます。このことを逆手にとってインプラントが優れていると言う人たちもいるようですが、そうとも言えないと思います。

一つには、インプラントの成功が、歯を失った部分の骨、あるいはそこにインプラント体を埋入する部分の骨に依存するように、ブリッジの場合、ブリッジの支え、あるいは土台となる歯の状態に依存してしまうため、その歯の状態に多少無理があったとしても、そこにブリッジを入れることがあり、ブリッジの成功率が多少悪くなることは分かっていたとしても、意図的にブリッジを選択している場合もあるのではないでしょうか? つまり、“そんなに長持ちはしないけれど今すぐ歯を抜いて入れ歯を入れるのではなく、いったんブリッジを入れ、それが駄目になってから次の事を考える”という事は十分に有り得るわけですから、この報告だけでブリッジが長持ちしないと判断する必要はないと思います。

また、インプラント治療でも、インプラント体に隣り合う歯が、インプラント治療を受ける時点では、まだ抜くほど悪い状態ではないが、将来に問題が起こる可能性のあるような状態の場合、やはりどうしてもその歯を抜かずに隣にインプラント治療をしてしまう場合があります。このような場合数年後に、その歯を抜くというような結果となる事は、有り得る事です。

現実に、最近のスウェーデンでは、インプラント体自体に問題はおこっていないが、そのインプラント体に隣り合っている歯が先に駄目になってしまうという問題が起きているという報告があります。 もちろんこの報告は、インプラント体を埋入するとその隣の歯がだめになるということではありません。


第3回 ブリッジの寿命はどのくらいと考えるべきですか?

ブリッジの寿命は、8.3年、10.3年、11年といった報告(これが全てではありません)があります。
他にも、日本補綴(ほてつ)学会等の報告でも、データとして数字にすると、似たようなものがほとんどのようです。 言い換えれば、これらの報告からは「歯を失って、そこにブリッジを入れた場合、多くの場合がおよそ10年前後でやり換える事になっている可能性がある」といえるのかもしれません。

しかし、これは、一部の集められたデータの分析結果の報告であり、全てを確実に表せているわけではありません。実際には、もっと長持ちしている症例も少なくはないと思います。
実際に日々の臨床の中で、自分が治療させていただいたものや、患者さんに問診させていただくと、もっと長く持っているものも少なくありません。 またそれとは反対に、ブリッジを入れ、それがおそらく長持ちはしないとわかっていても、患者さんと歯科医師が同意の上で入れている場合もありえるわけです。

だからといって、この報告が役に立たないわけではありません。いくつかの研究が似たような報告を出していることからも、「症例による格差はあったとしても、平均すると(ここが大切で、統計上、数字を平均しているという事を十分ご理解下さい)歯を失ってそこにブリッジを入れた場合、およそ10年前後でやり換える事になっている可能性がある」という事をこの報告は示しているといえます。 ですから、ブリッジの寿命については、残念ですが上記のデータも一つの参考としていただいた上で、やはりそれぞれの症例によってその寿命に違いがでるといえると思います。


第4回 ブリッジを外さなくてはならなくなる・・・とはどうなることですか?

ブリッジが生存できなくなった(外れるあるいは外さなければならなくなった)理由としては、次のようなことがあげられています。

  • 土台になる歯が虫歯になった
  • 歯根に問題がおきた
  • 歯の神経に問題が起きて痛みが出てきた
  • 突然外れた
  • 土台の歯が壊れたり、折れたりした
  • 歯周病になってしまった
  • 前歯の場合に、歯の色になっているところ(白い部分)が、変色したり、欠けたりした

ご覧の通り、ブリッジの土台になる歯が、新たな病気になってしまうなど、力学的なことが原因で問題を起こしていくようです。


第6回 ブリッジの土台になる歯が虫歯になってしまうというのはどうしてですか?

残念ながらブリッジの土台となる歯は、土台にされた事による様々な条件の変化で虫歯になりやすい状態になります。

その理由としては、

1.ブリッジとしてつなげられているため、清掃性が悪くなります。つまり磨きにくく、虫歯になりやすい状態となります。しかし、ご本人がブリッジの部分をそのブリッジに適した清掃用具を用いて、日々清掃することで、虫歯になるリスクを減じることは可能です。

2.天然の歯は、一本一本が独立していて、少しですが自由に動くことができます。つまりそれぞれの歯に通常の噛み合う力が加わった時に、上手く順応することができるのです。ところがブリッジは土台になる歯同士を固定してしまい、そうすると、例えは稚拙ですが、二人三脚をさせられているような状態になるわけです。つまり噛む力を加えることはブリッジを外そうという力となり、徐々にではありますが、ブリッジを固定している接着剤が破壊され外れてしまうことになるのです。

そして、この状態が、急速にブリッジの土台になっている歯全てに同時に起これば、問題は少ないのです。なぜ問題が少ないのかと思われるかもしれませんが、土台の歯、全部の接着の破壊が同時にそれも短期間に起こることは、結果としてブリッジが単に外れるだけになるわけです。もちろん外れないにこしたことはありません。しかし、良くお考えになればお分かりだと思うのですが、極論をいうと、くっつけたものは、たとえどんな素晴らしい接着剤を使用したとしてもいずれは外れてしまうわけなのです。

ところが、こちらが思っているほど物事は上手くいかないもので、多くの場合、ブリッジの土台になっている歯の一部が緩み始めてしまい、残りの歯はしっかりとついてしまっているのです。この状態が問題なのです。患者さんとしてみると外れないのでそのまま使えてしまいます。しかし、実際には、何本かの歯の接着は外れているわけで、その外れた歯とブリッジの被せ物の隙間は格好の細菌の住処となってしまいます。ですから、皆さんがいくら一生懸命歯磨きしても、ブリッジの被せ物が緩んだ中は、磨けないどころか細菌たちの温床となってしまうのです。そこで、着々と虫歯は進行してしまうのです。時にはブリッジが外れてみると土台になる歯の虫歯がものすごく進行していて、抜かなくてはならない状態になっていたということもあります。十分な注意が必要ですね。

そして、お恥ずかしい話なのですが、土台になっている歯が何本かありその中の例えば一本が外れただけですと、極端な場合は患者さん御自身では、何かブリッジが緩んだような感じがされていても、私たち歯科医師には絶対に、外れているという確証が持てないことがあるのです。もちろん御自身も分からないでいることが多々あります。

ブリッジでつながれている歯の中の一部の歯が外れてしまうという状態は、その事実を診断することも難しい場合があり、そして引き起こされる結果も良くないことがあります。 これは、ブリッジの欠点の一つです。


第7回 ブリッジの土台となる歯に問題が起きるということは、どのようなことでしょうか?

ブリッジの土台にかかわらず、歯の根に問題が起こる病気があります。一般的なものとしては、歯の根の先に感染が起こり、膿がたまる病気があります。これは多くの場合が、神経を抜いた歯に起こります。ですから、神経を抜いた歯をブリッジの土台とする場合はこの病気(根尖性歯周炎)が起こる可能性があるわけです。

また、神経のある歯を土台とした場合にも、同様な状態になることがあります。この場合は、何らかの問題で神経が死んでしまい、その結果感染を起こすことになります。神経が死ぬ前には、多くの場合、冷たいものや熱いものが、すごくしみたり、突発的に痛みが出たり、という症状が現れるのですが、その後これらの症状が消えてしまうのです。これが問題で、この様なことが起こると多くの場合、「歯が痛んだけれども治ったからいいや」と安心されてそのままにされてしまう事が多いのです。そうなると他のことで歯科医院に出向いたときに、運よくレントゲンを撮る事ができれば解ることもあるのですが、そうでなければ気がつく頃には病状が悪化してしまっていると言う事になりかねないのです。

また、そんなに多くはありませんが、時としてほとんど無症状で、神経が死ぬ場合もあります。 そしてこの様な事態が起こってしまう原因は、ブリッジの土台になる歯ということに限定すると、

失った歯を補うために噛む力の負担がかかってしまう

ブリッジの特性として、歯が固定されてしまう

神経のある歯の場合、削るという行為が神経にダメージを与えその結果神経が死んでしまうようになる

等が、考えられます。


第8回 ブリッジの土台となる歯の神経に問題がおきて痛みがでるとはどういうことですか?

神経のある歯を土台とした場合には、その歯を土台にするために削るという処置をしなければなりません。最近では、歯を削る治療をする時、ほとんどの場合に局所麻酔をしますので痛みを感じませんが、実際は痛い行為を行っているわけで、つまりストレスが加わっているのです。削るという行為は、多かれ少なかれ歯にダメージを与えてしまうのです。そのダメージをリカバリーすることができれば、歯の神経は良好な経過をおいます。しかし、そのダメージが残り、ブリッジが入れられ噛む力が加わると、健康な状態でも力学的に無理がかかっているため、結果として神経が炎症を起こし、痛みがでてしまうことがあります。

また第7回でもお話しましたが、神経が突然死んでしまうことがあり、神経が死ぬ前には、多くの場合、冷たいものや熱いものがすごくしみたり、突発的に痛みがでたり、という症状が現れます。

ベルゲンホルツ教授たちの発表によると、重度になってしまった歯周病で、歯の根の長さの3分の1の高さの骨がなくなってしまっているような患者さんに対して、歯周病の治療を行った後、ブリッジを入れるためにその土台となった歯の経過を調べたところ、神経が死んでしまったり、根の先に病気ができたりした歯は、15%で、同じような状態の歯でもブリッジの土台とならなかった歯では、3%だったそうです。特に、神経が死んでしまった歯というのは、ブリッジをいれてから、7~12年たった後だったそうです。 歯を削ってブリッジをいれるということは、短期的に問題が起こるだけでなく、このように長期的な経過のなかでも問題が起きてしまう可能性が高くなるので、十分注意が必要です。


第9回 ブリッジが突然外れるというのはどうしてですか?

天然の歯は、一本一本が独立していて少しですが自由に動くことができるのです。つまりそれぞれの歯に通常の噛み合う力が加わった時に上手く順応することができるのです。ところがブリッジは土台になる歯同士を固定しています。そうすると、ある部分は固定されているが、動く部分もある状態になるわけです。二人三脚の時に無理な力が一番にかかるのは二人の脚を結んでいる紐です。歯にとって頭はブリッジで固定されているが、根は動ける状態です。つまり噛む力を加えることはブリッジに無理な力が加わり、ブリッジを外そうという力となり、徐々にではありますが、ブリッジを固定している接着剤が破壊され外れてしまうことになるのです。

現在は接着剤の質もかなり良くなり、優れたものを使うことによってこのような事態を招かぬように、可能な限り長期間安定して接着の状態が維持できるようになってきています。技術の進歩の恩恵です。

しかし残念ながら、極論ではありますが、物理的にくっつけたものは、たとえどんな素晴らしい接着剤を使用したとしてもいずれは外れてしまうわけなのです。その前提のもとで、可能な限り長期的な安定を私たちは目指しています。


第10回 ブリッジの土台の歯が壊れたり、折れたりするというのは、どういうことですか?

歯は、骨と同様に生体を構成する組織の中では、硬組織に分類されます。硬いということは強いと思われますが、時として破折という事態を招く事があります。たとえば、骨に無理な力が加われば、ひびが入ったり、折れたりする事があります。同様に歯にも、ひびが入ったり、折れるということが起こるのです。特に神経のない歯は、そのようなトラブルが起こりやすいのです。

単独で、他の歯とつながっていないような場合でも、突然歯が割れるということがあります。そのほとんどの原因が噛む力や、歯ぎしりによって、食いしばった時にかかる力が原因だといわれています。

ブリッジは、歯のないところを補う治療ですから、土台となる歯にかかる力の負担は、通常の状態の歯よりも大きくなるわけで、特に土台になった歯の神経がないような場合は、歯にひびが入ってしまったり、割れてしまうということが起こりやすいのです。

そして残念なことに、骨とは違い、歯は1度ひびが入ってしまったり割れてしまったりすると自然に治癒することは有り得ないのです。多くの場合が、ひびが入ったり、割れた歯は抜歯をしなくてはならないのです。つまり、ブリッジの土台になっている歯が、神経を抜いているような場合、その歯自体が割れたりして、ブリッジを外さなくてはならなくなる事が起こる可能性が高いのです。


第11回 ブリッジが生存できなくなった理由として、土台の歯が歯周病になってしまうとはどういうことですか?

歯周病とは、歯自体の病気ではなく歯を支えている歯肉に炎症がおこり、骨が溶けてなくなっていく病気です。原因は口腔内の清掃不良から歯垢が歯に沈着し、その中に生息する細菌によって引き起こされるといわれています。また、別の病気ではありますが、歯に必要以上の力が加わると、歯に揺り動かすような力が加わり、その結果、歯の周りの骨を失ってしまう病気もあります。

ブリッジの土台になると、単独で生えていた時よりもお掃除がしにくくなることが多く、歯垢が付着しやすい状態となってしまいます。そのために、時間の経過とともに歯周病が進行してしまい、土台の歯が揺れだしてしまい、場合によってはその歯を抜かなくてはならない事態となることがあります。 また、失ってしまった歯にかかる力の負担を、土台になる歯が補うわけですから、この力によって歯周病の進行を助長させてしまうこともあります。



インプラント手術についてのQ&A

Q.インプラント手術は痛いのですか?

A. 歯科治療に関わらず、炎症のある部位の治療は術後、痛みがでる事が多いです。しかし、インプラント治療は手術前に口腔内の炎症、感染を除去する事が必然であるため、手術後の痛みが出る事は非常に少ないのです。又、当医院では、手術の際、手術部位に十分に麻酔をし、全身にも不安や痛みを和らげる薬(静脈内鎮静法)を使用しますので、痛みを感じることなく手術を受けることができます。


Q.インプラント体が抜けてしまう事はないのですか?

A. 手術後、インプラント体が骨とくっつかずに抜けてしまうことが稀にあります。原因は、感染によるものや噛み合わせによるものなど様々あり、また原因不明の場合もあります。しかし、骨の回復を待ち、再度同じ部位にインプラント体を入れることが可能な場合が多く、その後の経過に問題が生じることはほとんどありません。


Q.神経麻痺がおきてしまうことはありませんか?

A. 下顎の場合に考えられることですが、これは、インプラント手術によって下顎神経を損傷させてしまった場合におこります。しかし、手術前には骨の量や神経までの距離をレントゲン等で確認し、必要な場合はCTを撮ってより正確に調べるなど、充分なデータを集め、手術にあたる事でほとんどは防止できます。


Q.上顎のインプラント手術は難しいのではないですか?

A. インプラント治療は、最初は、下顎の歯が一本もない人に対して行なわれていました。それが上手く行く事が立証され始め、患者さん側からの要求と医療者側の要求に基づき部分的に歯が無い人や上顎に歯が無い人に対してもインプラント治療が行なわれる様になり様々な事が検証され現在に至っているわけです。現在では、上顎だから手術が難しいという事はありません。しかし、往々にして上顎の場合、インプラント体を入れたいところの骨の量が、深さや厚さが足りない場合が多のです。それでもインプラント治療をしていくとするならば、そこに骨を移植する必要が出てきます。この移植は全ての症例で可能なわけではなく、簡単に出来るものでもありません。移植後の成功率も文献によっては多少低くなるというものもあります。そして、インプラントの成功と喫煙の関係についても様々な研究があり、現時点では喫煙と通常のインプラント手術の術後の成功率には強い因果関係は認められない様ですが、移植を伴う様なインプラント手術の場合喫煙者の成功率は明らかに下がってしまう様です。

また、上顎の手術は目や脳に近いから心配だというお話も時々お聞きしますが下の図をご覧いただければお解りの通り、インプラント体を埋め込む場所と目や脳の間には、大きな空洞(上顎洞といいます)があり、インプラントが直接目や脳にふれてしまうという事は、考えられませんのでご安心下さい。

ぺージの先頭へ