馬見塚デンタルクリニック

ホーム > インプラント治療について > インプラント治療に対する当院のあり方
インプラント治療について

インプラント治療に対する当院のあり方

最近では一般的になってきたインプラント治療は本当に安全、確実で最高の治療なのでしょうか?様々な情報が簡単に手に入るようになり、皆様にもインプラントに関する様々な情報が得られていると思います。

しかし私達がみる限りそれらの情報というものが、ある面ではあまりも一方的すぎていたり、偏りすぎていたりするように感じています。

実際、インプラントは先端医療の中でも、素晴らしい治療の一つではありますが、決して万能な治療ではありません。ほとんどの治療法には必ず利点と欠点があります。
その利点と欠点を十分に理解した上で、患者さんに利益の大きな方法を選択して行く事が大切だと考えます。
基本的にインプラント治療は歯を失った方に対して行われ、その失った部分に人工の歯根を外科的に埋め込む治療です。すなわち人工ではありますが、新しい歯を創る治療といえます。

装着後はまるで自分の歯が戻ってきたように、ほとんどの食べ物が食べられるようになるのです。

しかし、言い換えれば、何らかの理由で歯を失った部位へ人工の歯を創り、それを長期間に渡って維持して行く為には、その原因(歯を失った理由)に対してまずアプローチしなくてはいけないのです。

その為、当院ではインプラント治療をご希望される方に対しても、安易に、そしてすぐに治療を始めるのではなく、まず歯を失った理由に対するアプローチをした上で、本当にインプラント治療が必要なのかを皆様とよく相談させて頂き治療をすすめております。

偏った治療にならない為にも、補綴(ほてつ)専門医(入れ歯治療の専門医)をおき、インプラント治療だけではなく、入れ歯治療での問題解決法も選択肢として持てるようなシステムがあります。

そしてもし、インプラント治療が選択された場合には、インプラント治療の本場スウェーデンのプロトコール(臨床の手順や規則)に基づいて治療(手術等)を行なう事で、インプラント治療の成功率を高める努力をしております。

ぺージの先頭へ