馬見塚デンタルクリニック

ホーム > 馬見塚デンタルクリニックの考え方 > 現代の歯科医療の問題点とは?
馬見塚デンタルクリニックの考え方

現代の歯科医療の問題点

病気を完全に治せていない従来の歯科医療

歯科における2大疾患は虫歯と歯周病です。

虫歯や歯周病は余りにもポピュラーな為、それに罹患したとしても重度な場合を除いて、それ程思い悩まれる方は比較的少ないように思います。虫歯になったら、または歯周病に罹ったら、治療すれば良いと思われる方が多いのではないでしょうか。

かぜ、頭痛、腹痛、小さな怪我など日常で起こる疾患の大半が医療機関を受診する事でほとんど完全に治癒します。言い換えれば、治ると言う事は病気になる前と同じ状態になるということです。

しかし虫歯や歯周病は一度発症すると極早期を除いて自然治癒は望めないばかりではなく、たとえ歯科医院を受診し最新の医療を受けたとしても完全に元の状態には戻せません。虫歯であれば罹患した所を削り、金属や樹脂などを詰めて終わりとなります。

また歯周病で失ってしまった歯を支える骨を元の状態に戻すのは特別な条件が揃った場合以外は不可能なのです。

今までの歯科治療は、なぜその病気があなたのお口に発症したのか、その原因に対するアプローチをすることなく、結果として起こってしまった虫歯や歯周病の後始末を行い、病気の進行を止めるあるいは遅らせることで、診療が終わりとなっていました。つまり治療という名の下、原因にアプローチする事なく、あくまで処置を行っていたにすぎなかったのではないでしょうか?

極端な言い方をすれば、従来の歯科医療は病気を完全に治せていなかったと言えるかも知れません。たとえば、虫歯を例に取ると、多くの場合、初めは小さな虫歯の修復処置(詰め物)からはじまったのではないでしょうか?

そして暫くすると、その詰め物が外れたり、詰め物のまわりに新しい虫歯が出来てしまい、そのやり直しが繰り替えされ、そして何度目かの治療で神経を失い、大きな被せものになり、その歯が抜かなくてはならない状態となり、ブリッジを入れ、義歯となっていくという悪い循環に入っていく人達が多くいるという考えがあります。

もちろん治療学や材料学の進歩により治療のクオリティは格段に上がってきており、この循環を遅らせるあるいは止める事が可能になってきていることは間違いありません。しかし、そのようなクオリティの高い治療をうける為には時間、費用等の問題が無いわけではありません。

ひとつの考え方としてミニマムインターベンションというコンセプトがあります。これは、私達が行っている虫歯治療は不可逆的な侵襲を加えている(元の状態に戻す事の出来ない行為を行っている)ことが多い為、治療に際しては必要最小限の侵襲をしましょうというもので、基本的にとても良いコンセプトですが、修復治療(削って詰める治療)であることに変わりはなく、不可逆的な侵襲を加えていることに変わりはありません。

もう一つの病気である歯周病治療においても、近年再生療法に注目が集まっていますが、条件が整った場合に有効な手術法や薬品は存在するが確実性に欠けると思います。もちろんかなりの歯周病に対して、進行をとめ、健康な状態を維持していく事は可能になってはいます。

また、医療機関のありかたも、日本の保険制度の上では、基本的に皆様が病気になって、患者さんという状態になってはじめて、診断、治療を始めなくてはなりません。極端な言い方になってしまいますが、皆さんが患者さんという不幸な状態になって初めて成り立つシステムと言えるのではないでしょうか?

予防先進国では、虫歯も歯周病もまれな疾患になりつつあるともいわれています。はたして私達の国の現状はいかがなものでしょうか?


日本の現状

いわゆるベビーブームの子どもたちが小学生だった昭和30年代から40年代の時期、歯医者さん不足が大きくクローズアップされました。子供達にひどいむし歯が多く、歯科医院では順番待ちで、なかなか治療が受けられない。「むし歯の洪水」と騒がれた時期がありました。

世界的に同じような現象が起こっていたのですが、この問題を解決するのに大きな分かれ道がありました。

ひとつが、病気をなくす、もうひとつが、治療する人を増やすという選択でした。

北欧では病気をなくす方向を選びました。その結果、すでに約20年前には、予防医療に科学的な事実が積み上げられ、国と国民と歯科医師のなかに合意が形成され、医療から保険制度まで予防の方向に転換していったのです。

この時期に日本がとった選択は、別のかたちでした。病気を積極的に治す為に歯科医師の数を増やしたのです。昭和40年ごろから歯学部、歯科大学を次々に新設していきました。結果として、病気を防ぎ、原因を治すことは無視され、後始末の治療に全精力が注がれることになりました。

その結果として現在、20歳の日本人は、むし歯の経験が一人平均9.2本あります。一方、病気をなくす(予防)の道を選んだスウェーデンは、30年くらい前は日本とたいして違いがなかったのですが、毎年のように数が下がり、1999年には、4本以下。ずいぶん大きな差になってしまいました。

そして、1本もむし歯のない人は、日本では25人に1人、スウェーデンでは5人に1人という状況です。
極端な表現かもしれませんが、「歯科医は増えた、そして、ムシ歯もふえてしまった。」という事ではないのでしょうか?歯科医師過剰問題もとりただされてしまっています。

現代の日本の歯科医療は、大きな曲がり角にあるように思えます。歯科医院の経営環境は年々悪くなっているといわれているなか、よりよい医療を目指し、患者さんのことを真に考えようとする歯医者さんが出てきています。それが予防を中心とした歯科医療(私達の目指す、健康創造型歯科医療)であり、収入を保つために「削って、詰めて、お金をもらう」治療に走る歯医者さんに、ならないようにしたいものです。

パッチ アダムス先生のお話を聞く機会がありました。その時、先生は「精神病医のいないところに精神病患者さんはいない」と言われていました。

何とも複雑な心境になりました。


将来の展望は?

ある調査によると、修復処置(ムシ歯の治療)の2/3は再治療で、世界中で行われている再治療の総額は10億ドルにも及ぶといわれています。これは、本当に必要な治療が行われた結果なのでしょうか?

そして先程述べたように、小さな修復処置からはじまり、そのやり直しの繰り返し、そして抜髄(神経を取る治療)、クラウン(大きな被せもの)、ブリッジ、義歯となっていく。

いま私達が出来ることは、この歯科治療の悪循環に一人でも多くの人を入れないようにし、この流れに入らざるをえない人達に対して可能な限りその流れを遅くすることだと思っています。

EBM(エビデンス ベースド メディスン)が注目されています。科学的根拠に基づいた医療を目指すことは大切です。私達は、一度侵襲を受けた歯が適切なコントロールを離れると不幸な状態になることを充分に経験し、その根拠も持っています。

この根拠に基づいて患者さんにアプローチしていくことが、健康創造型歯科医療だと位置付けています。私達の日々の診療のほとんどを占めるムシ歯も歯周病も完全な治癒が望めない現在は、その事実を患者さんに充分説明をして理解を得ることが大切なのではないでしょうか?

将来、ムシ歯や歯周病が内科的に完全にしかも簡単に治るようになる日が来るまでは、予防的なアプローチは必要不可欠であり、私達の診療の大半を占めることは明らかです。

現在当院では、担当を持っている歯科衛生士は多数おりますが、そのアポイントはかなり先まで入っている状態です。将来的には担当を持てる歯科衛生士の数がもっと増え、病をもった患者さんの来院が減少して、ほとんどの方が健康な口腔の維持、安定、向上のためにお見えになっていただけるようになって欲しいと願っています。

私達は当院にいらっしゃった患者さんに「いまのところ、私達歯科医師は虫歯も歯周病も完全には治せないんです。」そして「将来、虫歯や歯周病が内科的に完全にしかも簡単に治るようになる日が来るまでは、予防的なアプローチをさせて頂くことが大切だと考えています。」とお話しています。

もっと詳しく私達が目指す「健康創造型の歯科医療」についてお知りになりたい方は、下記ページをご覧ください。

ぺージの先頭へ